遊戯王通販・買取ショップ比較

遊戯王カード通販ショップ、買取ショップを比較しています。シングル通販ショップ一覧、プレイマット・スリーブ販売ショップ一覧、英語版通販ショップ一覧など。遊戯王通販相場日記もあり。

なぜコナミはサーチできないパックを作らないのか

サーチ法が良いか悪いかは今回おいておいて、
そもそも、なぜコナミはサーチできないパックを作らないのか
と、みなさん思ったことはないだろうか。
 
私は、よく思っていたし、今でも考えることもある。
 
サーチ法の是非を問う前に、署名運動をして、
コナミにサーチできないパックを作ってください
とお願いしたらどうかと本気で思う。
 
でも、社会人になって、いろんな会社の内部が分かってくると、
こう考えることも多くなってきた。
 
サーチできないパックを工場で作ることは、
我々が思っている何倍ものコストがかかるのではないか。
 
確かに、少し考えてみただけでも大変そうだ。
 
当然、工場の中では、
レア1枚ノーマル4枚のパックと、
レリーフ1枚ノーマル4枚のパックを作るラインは違うだろう。
 
おそらく、パックを封入した時の絵柄のズレなどを、
まったく無くすためには、
このラインごとの設定をものすごく細かい単位まで合わせる必要があるだろう。
そうなると、今よりものすごく性能のいい機械を導入しなければいけなくなる。
 
そうなると、どうなるかというと、結局1パック150円のものが、
180円とか200円になってしまうのだろう。
これでは、かなりいただけない。
 
つまり、あまりにもサーチ対策に神経質になりすぎると、
コストが高くなってしまい、
その結果、1パックあたりの値段が高くなってしまうので、
遊戯王カードファンには悪いなぁと思いつつも、
サーチできるようなパックが出来上がってしまう。
 
こんなジレンマがコナミ内部でおこっているのではないか。
 
一方、こうやって思うこともある。
 
サーチ可能なパックにしておいたほうが、
単品で買うには、サーチされている危険性があるため、
結局、BOX買いする遊戯王ファンが多くなるのではないか。
つまり、結局のところ、現状のままのほうが売り上げが大きく伸びるのではないか・・・
 
まぁ、後者は、たぶんないでしょうけどね。
 
コンビニで、ぽつんとレジの横に残されている、
いかにも【スーレア以上可能性なし】的な匂いを発しているパックを見るたびに、
そんなことを考えたりします。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

おすすめ商品


おすすめショップ